カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

クレイアートって何?

クレイアートとは、金子高見が考案したSPクレイ(石粘土と紙粘土を独自に配合したもの)を原料にしたアートです。

みなさまも幼い頃に一度は触ったことのある紙粘土は、金子高見本人曰く「光を吸収する素材であり、やわらさや温かみを引き出す」のだそうです。
これに対し石粘土は、その名のとおり紙粘土よりも固く、作品に使用すると、シャープ感を引き出すばかりでなく、ぐんと強度が増します。
金子高見の作品では、これら粘土毎の特徴を活かし、作品毎に配合を変え、製作を行っております。

これが、ひとりの作者から、全く違った雰囲気の作品達が生み出される秘密なのです。


このページでは、みなさまに金子高見の創るクレイアート作品を、より知っていただくために、数ある作品の中からほんの一部をご紹介いたします。

クレイアートのご紹介

クレイアートのご紹介

クレイアートのご紹介

クレイアートのご紹介

クレイアートのご紹介

クレイアートのご紹介

クレイアートのご紹介

クレイアートのご紹介

クレイアート作家


金子高見は、静岡県を中心に活躍するクレイアート作家です。
その作品は、数々の人を魅了し、多数のメディアでも取り上げられ、人気を博しています。
中でも、ミニアチュールラビットは、天皇・皇后両陛下や皇太子殿下ご夫妻にお買い上げ
いただいたことで有名です。


彼の作品の最大の魅力は、何と言っても、型にはまらないユーモラス溢れる独創性ではないでしょうか。
例えば、スノウラビットとミニアチュールラビットは、同じ作者が創ったものとは思えないほど、方向性も魅力も
異なっています。

しかしながら、彼の全ての作品に共通するものがあるとすればそれは、「ぬくもり」ではないかと思います。
それは、時に「生命力」となって力強く表現されているものもあれば、「愛」として儚く刹那に表現されているときも
あります。


見るものを常に飽きさせない彼の豊かな独創性が、人気の秘訣なのだと思います。

さあ、あなたも金子高見ワールドを覗いてみませんか?




1994年 歌人 塚本邦雄装歌による創作茶筒作品集「相聞歌」発行

1994年 清水市広報映像に作家収録

2000年 岐阜県美濃市にて「金子高見の世界」展
      清水市浪漫舘にて「金子高見創作茶筒展」清水港振興会主催

2003年 駿府匠宿にて「捜索茶筒とラビット」展
      環境省田貫湖ふれあい自然塾にて「鳥獣虫魚の茶筒とラビットの世界」展

2004年 日本平ホテルにて「金子高見創作茶筒」展 川村文化振興財団主催

2009年 フェルケール博物館企画展「金子たかみのファンタスティックワールド」

2011年 「金子高見 クレイアートの世界」展 ユニバーサルデザインリフォームプラザ静岡

その他、文化会館、静岡アートギャラリー、静岡西武他にて個展、講演、他メディア出演多数

〜クレイアートの豆知識〜

クレイアートの豆知識



クレイアートを飾る場所は?

クレイアートを飾る場所は、直射日光の当たらないところを選びましょう。
直射日光を長時間浴びていると、変色したり、色褪せたりする恐れがあります。
また、暖房器具の近くやエアコンの風が直接当たる場所は、気温や湿度が急激に変化するため良くありません。
猫や犬を飼っている場合は、いたずらをされないように気をつけましょう。


作品のお手入れ方法を教えて!

クレイアートを飾っている間に、ホコリを被ってしまった場合には、軽く毛ばたきで払ってください。
また、作品を直接手で触ると、皮脂や塩分などがついてシミや、くすみの原因となることがあります。
手をせっけんでよく洗い、しっかり乾かしてから、触ってください。

注意しなければならないことは?

クレイアートは、水に濡れると、変形や色落ち・シミなど、様々なトラブルの原因となります。
万一、水滴が付着した場合には、すぐにキメの細かい布やティッシュペーパーで、軽く押さえるようにして、
吸い取ってください。

〜スノウラビットのある暮らし〜

・「どこに飾ればいいのかわからない・・・」

・「置き場所がない!」


玄関先や床の間・リビングの出窓から机の上まで、クレイアートは飾る場所を選びません。
飾った瞬間から、あなたのお部屋の一角に小さな別世界が誕生します。

ホームアクセントとして・・・添え物として・・・様々なシーンに、クレイアートを取り入れて、
日々の暮らしに安らぎを与えてみませんか。

(飾り方の一例)

薄いカーテン越しの窓辺や玄関に・・・

置き方の例  置き方の例

和室に置いたり、周りの小物を一工夫するだけで、全然違う印象に・・・

置き方の例  置き方の例

  

クレイアート作家


金子高見は、静岡県を中心に活躍するクレイアート作家です。
その作品は、数々の人を魅了し、多数のメディアでも取り上げられ、人気を博しています。
中でも、ミニアチュールラビットは、天皇・皇后両陛下や皇太子殿下ご夫妻にお買い上げ
いただいたことで有名です。


彼の作品の最大の魅力は、何と言っても、型にはまらないユーモラス溢れる独創性ではないでしょうか。
例えば、スノウラビットとミニアチュールラビットは、同じ作者が創ったものとは思えないほど、方向性も魅力も
異なっています。

しかしながら、彼の全ての作品に共通するものがあるとすればそれは、「ぬくもり」ではないかと思います。
それは、時に「生命力」となって力強く表現されているものもあれば、「愛」として儚く刹那に表現されているときも
あります。


見るものを常に飽きさせない彼の豊かな独創性が、人気の秘訣なのだと思います。

さあ、あなたも金子高見ワールドを覗いてみませんか?




1994年 歌人 塚本邦雄装歌による創作茶筒作品集「相聞歌」発行

1994年 清水市広報映像に作家収録

2000年 岐阜県美濃市にて「金子高見の世界」展
      清水市浪漫舘にて「金子高見創作茶筒展」清水港振興会主催

2003年 駿府匠宿にて「捜索茶筒とラビット」展
      環境省田貫湖ふれあい自然塾にて「鳥獣虫魚の茶筒とラビットの世界」展

2004年 日本平ホテルにて「金子高見創作茶筒」展 川村文化振興財団主催

2009年 フェルケール博物館企画展「金子たかみのファンタスティックワールド」

2011年 「金子高見 クレイアートの世界」展 ユニバーサルデザインリフォームプラザ静岡

その他、文化会館、静岡アートギャラリー、静岡西武他にて個展、講演、他メディア出演多数

ページトップへ